【平成26年11月分 <社員の声>】

⑨別居の親(年金受給者)を扶養に入れるには・・・
といった記事があったので読んでいると
「生活費を仕送りしていること、ただし金額の規定はありません」
と記載されていました。(他にも条件はあります)
疑問もあったので、税理士に質問してみると、そもそも仕送りなんて不要なのでは?との返答。
せっかくですから国税庁のHPを調べました。

〇生活費等の送金が行われているなど「生計を一」にしていることが必要
〇会社が正しい扶養控除の計算を行うためには、送金している事実の提示を
確認することをお勧めします

といった感じの記載がされており、少し緩い制度かな?と思いました。

総務部 プクプク (h26.11.28)

 

⑧昨日午前明け休みを頂いて、母親を病院に連れて行きました。
アルツハイマーの進行を遅らす薬を貼っていますが、ちょっと進行してきたので、
先日、一段階強い薬を処方してもらい一週間ほど貼ったところで、
急に体調が悪くなり食欲もなく、早よ死にたいとばかり口にするようになったので、
先生に相談すると、薬の副作用が原因かなと言われ、
薬を止めた翌日から、元気が出てきました。副作用は怖いなと思います。
アルツハイマーが進行しても体が元気なほうが本人のためだからと言われましたが、
進行を遅らせる薬を飲んでも良い効果が得られないならと、
本人の事を考えて止めることを判断しました。

土木建築部 小魚釣り師 (h26.11.28)

 

⑦【電話応対】
毎日会社宛の電話応対をしていると、お得意先様の担当者の方、
ディスプレイに出る番号&もしもし!の声でどなたか見当が付くようになってきます。
今日は本当にお久しぶりの得意先の方から電話を受けました。
「久しぶりやねぇ~相変わらず元気な声やね」と。
こんな小さい遣り取りですが、毎日の積み重ね、とても嬉しいものです。
「電話応対は会社の顔」と言われます。
少しでも良い印象を持って頂けるよう応対を心掛けたいと思います。

総務部 サクサク (h26.11.25)

 

⑥(電車内のモラルについて)
私の家の最寄駅が、阪急川西能勢口。
出勤時の時間帯は、雲雀発の普通電車に乗るので、
能勢口から乗り込む乗客総てが座席に座れて、更に空席が残るくらいの乗車率です。
そんな空席が残るくらいの乗車率でも、敢えて“優先座席”に座りに行く乗客が居ます。
あの人たちは、“何れ現れるであろうお年寄り”の為に、敢えてあの席を確保しているのだろうか…?と、
疑問に思うのですが、だとすれば立派な話で、お年寄りが何時来るか?何時来るか?と、
気にしながら席に座るのが嫌で、優先座席に座ったことが無い私が、
小っちゃな人間に思えてきます。

軌道工事部 N (h26.11.21)

 

⑤一昨日千葉で大型ダンプと乗用車が正面衝突する大きな事故発生し
若者4名が即死とのマスコミ情報が有りました。
死人(運転者)に言葉無しですが、タイヤがパンクしてバランスを崩し
対向車線へ飛び出したのが事故の原因との情報も。
一寸したタイヤの点検とメンテで、もしかしたら事故を防げたのかも知れません。
自分が運転する車、タイヤに釘?また空気圧不足?その様な事が無い様
自分の命を守ると同時に今後も安全運転を継続していきたいです。

重機車両部 ターちゃん (h26.311.19)

 

④朝、駅前を通り出勤しているとたまにたまに見るのが、
なんとなんと警察官の、スマホでの“ながら歩き”。
完璧な制服姿ではなく、上はジャンバーで下は制服のズボン。
休憩時間かなにかわかりませんが、コンビニ弁当をたくさん買い込んでいました。
逆に考えれば自分もこうやって現場では色々な人から見られているのかなと再確認。
人のふり見て我がふり直せですね。

軌道工事部 H (h26.11.19)

 

③ここのところ夜勤も神戸の地下に潜ってばっかりいたせいか、
久々の地上での深夜の仕事で強烈な寒さに驚かされました。
Tシャツの上に冬用作業服では太刀打ちできず、取り敢えず合羽で対応。
風さえ通さなければ、そこそこ寒さ凌ぎになりました。そんな寒い夜に限って、
帰りの車で暖房を点けると、急な温度変化によって眠気が襲ってきます。
そこで思い出したのが、かつてのベテラン作業員の行動。
彼は真冬の運転時は、いつも窓を全開にして運転していたようです。
運転席は直接風が当たらないからそうでもないようですが、後ろの席に座った
人間は地獄を見たとか・・・・。私も夜間作業の帰り道に、信号待ちの時に
うっかりウトウトしそうになった経験もありますし、
知らず知らずのうちにブレーキばかり踏んでいるような運転になったこともありました。
で、昨日は車の窓を全開にして帰ってきましたが、
それはそれは絶大な効果があり、是非皆様にも試して頂きたいです。

軌道工事部 N (h26.11.18)

 

②昨日現場の現場パトロールを実施しました。
当社では現場をパトロールする時の心構えとして、
「危険を発掘するぞ」という思いを込めて見ろと教えられているのですが、
生来の性格が悪いからか、あらさがしをしてやるぞ!と
ワクワクしながら現場に出向きました。
が…どこも悔しいぐらいしっかりしていました。
現場では様々な問題が出てくることがあるかとは思いますが、
パトロールのためだけではなく自分たち自身のために今後も安全
作業で皆さんよろしくお願いします。

軌道工事部 H (h26.11.14)

 

①竣工検査に久しぶりに列者監視員として同行しました。
短時間の監視業務はきっちりと集中してできますが、
長時間集中して列車の進行を見ているのは、集中力と熟練が必要です。
道路工事のように、頻繁に通る車と人を監視している方が、集中力も途絶えないのですが、
10分に一度来る列車を姿勢正しく見ているのは、正直大変だと思います。
しかし作業員全員の命を預かっている以上甘いことは言ってられません。
入社した時、先代の社長から
「列車は決まったところ走ってくる。
道路工事は、いつ、どこから車が飛びこんでくるかわからない。
それでも列車監視員の不注意によるヒヤリハットがあるとは情けない。」
との安全訓話を受けたことがあります。
入社してもうすぐ40年・・・ペイペイの時、年配の指導者から言われたこと。
「待避した時は運転手の顔を覚えるくらい睨みつけろ!」
現在の列車注視の意味を教えて頂いたのだと思います。

土木建築部 小魚釣り師 (h26.11.12)

山田建設株式会社

〒531-0071
大阪市北区中津2丁目5-20
TEL :(06)6371-7622(代)
FAX:(06)6372-1069

SINCE 1952


[counter 2011.01~]
本日アクセス数:74
累計アクセス数:254233
本日訪問者:27
累計訪問者:42374