【平成27年6月分<社員の声>】

⑳昨日、神奈川県に住む姉より久しぶりの電話がありました。
用件は「お母さん亡くなって17年になれへん?」という内容でした。
早速、仏壇の過去帳を見てみると、死去平成11年6月26日となってまして、
17回忌を過ぎていました。
あわせて父親の死亡日時も確認、35年経っていまして、33回忌も忘れていました。
自分で言うのもなんですが、私は、姉二人のあとで初めて生まれた男の子でしたので、
母にはとても大切に、溺愛されて育ちました。
家は貧乏で、小学生時代はツギの当たったズボンをはいていた覚えがあります。
それでも親が愛情を持って育ててくれたことに感謝しています。
最近、若者の犯罪が目立っていますが、
親が愛情を持って育てていないことも一因ではと思います。
それと、昔のほうが暮らしやすかったように感じます。
最近は教育費と住宅費が高くつき過ぎて、他に回す余裕がありません。
話は脱線しましたが、さっそく三田の弟とも連絡をとって、
母の17回忌と父の33回忌を一緒にするよう日程調整しています。

土木建築部 S (h27.06.30)

 

⑲昨日は2回目の矯正に、整骨院へ行きました。
先週末より左肩から背中にかけて、だるくてたまりませんでしたが、
今迄ズレていたのを正しい位置に戻したことによるだるさとのこと。
前回矯正した首と背骨を再検していただくと、問題ありませんでしたが、
背骨が新たに3箇所ズレているとのことでした。
3回の矯正予定でしたが、少しの間通院しようと思います。
若い頃には気にもしていませんでしたが、
自分の体もメンテナンスが大事になってきた年代になったのでしょうか。

総務部 プクプク (h27.06.29)

 

⑱昨日家に帰ると息子が「痛い!痛い!」と言って、
嫁さんに湿布を貼ってもらっていました。
「何や~?」と聞くと、どんくさい息子が学校から自転車で帰る途中、
車道から歩道に上がろうとして、段差につまづいて転倒したようです。
直角に上らず、斜めに上がったようで。
息子に聞くと「斜めは危ないなと思っててんけどな」
お父ちゃんらはな、
「仕事始める前にみんなで危ないと思う事は、
話し合って止めよなといつもプチ会議をしてんねんぞ」と言うと、
「あぁ知ってる、それKYっていうやつやろ?実習の前に先生がやってるわ」との事。
「知ってんねんやったら危ないと思たら止めんかい!」と叱りましたが、
もし車道で転倒していて、車にでもひかれていたら怪我どころではすみません。
自転車を見る限り修理代は高くつきそうです。
そのお金は恐らく…甘ちゃん父ちゃんの小遣いから取られるんでしょう…(泣)

土木建築部 小魚釣り師 (h27.06.26)

 

⑰昨日、得意先様から外部講師をお願いして安全講話をお聞きしました。
尼崎脱線事故のあと、国土交通省が主導で示した安全に関するガイドライン。
お話の中で頻繁に出てくる文言は、
「PDCA、リスクアセスメント、内部監査、是正(改善)等…」
これらはまさに品質ISOの考え方そのものです。
日頃の研修会で当社社長がお話される内容とそっくり!
私は逆に大手電鉄さんに引けを取らない当社研修会のレベルの高さに
今更ながら気付かされ、驚きと同時にとても嬉しかったです。

総務部 サクサク (h27.06.25)

 

⑯わが家では、私が知らぬ間に、嫁・子供達がスマホで会社のホームページを見てました。
【社員の声】では息子から「お父さんのは、何やうけ狙いの日記やなぁ」と言われ、
娘からは「ほかの人みたいにもっとレベルあげんと」と言われ…。
色々と適切なアドバイス?の後…
「今年も年末社員の声投稿最多賞目指して頑張れ~!(笑)」と応援された父の日でした。

土木建築部 小魚釣り師 (h27.06.23)

 


1)この前、大阪桐蔭から私と娘の連名で手紙がきていました。
内容は、裏金問題で前校長他の刑事告訴と教材費等の返還でした。
「お~やるな~」と思いました。
私はウヤムヤになるとの見通しでしたが、プロ野球選手を多数輩出し、
近年とみに進学校の仲間入りを果たしているので、
評判を落としたくなかったんでしょう。
早速、返還金で淡路島の洲本温泉!
一泊旅行に行く皮算用?をしています。

2)先日、娘に「父の日プレゼントにハット買うて~や」とお願いしました。
年をとったらまぁ、厚かましくなるものでして。
以前は「何がいい?」と聞かれも「何でもえぇよ。」と答えてたんですけど。
最近見たテレビの旅番組で某俳優がハットをかっこよくかぶっていたことと、
鳥打帽に飽きていたせいもあって、娘に我が儘を言ってみました。
返事は「えぇよ、難波でおいしい海鮮丼食べて、それから高島屋に行こな。」でした。
夜勤して、大学まで出した甲斐がありました。

土木建築部 S     (h27.06.19)

 

⑭昨日、帰宅すると嫁さんと子供が大騒ぎ。
何かあったのかと思えば、遊びに来ていた友達が蜂に刺されたとのこと。
嫁さんはどうしたら良いか分からず、とにかく近くにある病院に
電話したようですが「皮膚科はあるが今日は休診」「10歳以下は診れない」
と断られ続けたようです。ようやく見つけた病院で、
「うちでも診れるけど、お宅からなら近くの〇〇整形外科でも診てもらえますよ」
と教えてくれたようです。おかげですぐ連れて行けました。
「どこに電話しても断るだけやったのに、あの病院は教えてくれたわ。ほんま助かった…」と
小心者の嫁さん、ホっとしてました。
その話を聞いて、なんとも思っていなかった病院が良い印象に変わるのですから、
不思議なものです。

総務部 プクプク (h27.06.19)

 

⑬入社したての頃は、ベテラン作業員さん達に、
「あの道具持ってこい!」
「あれは持ってきてないんか?段取り悪いぞ!」と怒られ、走り回っていました。
最近では自分自身が「あれ持ってきて」「これやって」と
よく言うようになったような気がします。
こう書くと偉そうになった?と感じる方がいるかもしれませんが、
私が言いたいのは、作業員さん側からの問い合わせやアクションのこと。
仕事のことで「何も言われ(聞かれ)無くなった」ということなんです。
こちらから伝えないと(お願いしないと)、動いてくれない(動かない)ような気が…。
「これはチョット寂しいな」と思った夜でした。

軌道工事部 H(h27.06.18)

 

⑫今年もまた草刈の時期がやってきました。
早速昨日現場に入りました。
もともと今回のこの現場、住民苦情のため行ったものでしたが、
詳しく聞いてみると、苦情というよりも、
「毎年これくらいの時期に刈ってるので、今年はまだなのですか?」
という問い合わせから始まったことのようです。
なかにはカレンダーにメモし、予定している方までおられるようです。
お天気やこちら側の段取りなどもあって、毎年、同じ日程では刈れません。
近隣にお住まいの皆様、どうかご安心下さい。
もう少ししたら刈りに参ります。

土木建築部 YK (h27.06.18)

 

⑪昨日の社員の声「小魚釣り師」さんの投稿を読ませてもらいました。
私も看護婦さんや患者さんと同感で、上手に育てられてるなぁと。
自分の子供が自分の親の手を引いてくれるなんて、
なかなか泣ける話だと思い…(ウルウル…涙・涙)
写真もついてて更に良かったです。

総務部 プクプク (h27.06.17)

 

⑩土曜日に、先日93才になった認知症のお母ちゃんを、
掛かり付けの医院へ診断と検査に連れて行きました。
嫁も姉も用事があったので息子に「一緒に来てや」と言うと
「ええよ」との返事、頼んでみました。
おばあちゃんの手を引いて医院に入ると看護婦さんや患者さんから、
「高校生の男の子がばあちゃんの手引いてくれるなんか、まあないわ。
優しい子やなぁ、親の躾がええんやろな。」と言われ、ちょっとよい気持ちになりました。
いつまで続くかわかりませんが、帰ったら、おばあちゃんからお小遣いをもらっていました。

 

20150615135846[1]

小魚釣り師 (h27.06.16)

 

 

 

 

⑨会社玄関には亡くなられた先代会長の肖像画が掛けてあります。
前を通る時には一礼して通るのですが、時に目を見れない程に怖い顔をしています。
…と思えば優しく語り掛けて下さるときもあったり不思議に思えてなりません。
改めてじっくり見せて戴きましたが、怒っているところを描いた訳でも無いようで、
要は自分の心に疾しさがあると、怒った顔に見えるのだと思われます。
ここ最近はずっと怒ったままの会長なので、
あの低く優しい声で呼んで戴けるようにしたいと思います。

軌道工事部 YH (h27.06.11)

 

⑧【コインパーキングで…】
今日久しぶりに自転車で、駅周辺に出ました。
コインパーキング内、グレーのハイエース、建設会社の作業員さん達が休憩中。
後部ドアを上げて庇を作り、何とか影を作って休もうとしてました。
暑い中大変だなぁ、こうして弊社のみんなも頑張ってるんだろうなぁ何て思ったり。
ただ…地べたに寝そべったり、立膝・胡坐でたばこを吸って…が6人程。
これが弊社のような軌道業者だと瞬時に苦情がくるんだろうなぁと。
ちなみに安全チョッキの背中には「〇〇建設工業㈱」って書いてありました。

総務部 サクサク (h27.06.11)

 

⑦週末日曜日の昼、自宅マンション前で交通事故がありました。
軽自動車が自転車に乗ったおばさん(70歳くらい)をはねた直後でした。
自動車のフロントガラスが割れていたので、結構な衝撃だったのでしょう。
幸い意識ははっきりしていたので良かったです。
これからどんどん高齢化が進む中で、車の運転も今まで以上に注意が必要だと感じます。
会社の近所も飛び出してくる自転車が多いので、
心に余裕を持ちスピードを控えめに運転した方がいいですね。

軌道工事部 K (h27.06.09)

 

⑥日曜の新聞に掲載されていたのですが、介護職の40代主人を持つ主婦の記事。
介護職は給料が安く限界だ、との内容でした。
この主婦も仕事を探し、子供(小学生2人)に手がかかるので容易に見つからず
ようやく見つけた仕事で月2~3万とのこと。
確かに40代にしては安い給料だなと読んでいましたが、
我が家にも小学生はいますが「手がかかる」のは就学前程度じゃないかな?
月2~3万では足りないなら、時間を増やすか新たに職を探さないと?
どんな家庭環境かわからないので、偉そうなことは言えませんが、
もっともっと工夫の余地があるのではないかといった印象を受けました。

総務部 プクプク (h27.06.09)

 

⑤昨日、娘が職場の同僚の方たちと釣りに行ってきました。
場所は、泉南の岬町で5人で船を貸切したらしいです。
先輩が、朝3時過ぎに家まで迎えに来てくれ、クーラーも使用させてもらい、
エサまで付けていただいたようです。いたれり、つくせりです。
釣果は、ガシラ、アジ、キス、タイ等…。
おまけに先輩から「母親と二人暮らしだから、食いきれんわ」といわれ
何匹かいただいたそうです。
夕食の献立は、煮つけ、塩焼き、から揚げ、鯛めしでした。
うまかったのなんの、ガシラの煮つけなんか何年ぶりか、アジの塩焼きも絶品でした。
盆と正月が一緒にきたような豪華な食事でした。
食後、娘に「ちゃんとお礼言うとかなあかんで」と言っておきました。

土木建築部 S (h27.06.09)

 

④家内がこの2~3日体調が悪かったので、仕事帰りにスーパーに立ち寄っています。
買い物は好きなほうで、晩酌している時はよく酒の肴を買って帰っていました。
肴といえば「尾の身くじら」とか「生レバー」…久しく口にしていません。
そのうち、マグロも食べられなくなるかも知れません。
高速道路とか新幹線は広がっていきますが、食文化は廃れていっているのかも。
それと、チーズの6Pタイプが薄くなっていました。
私が22~23歳のころは、仕事帰りに酒屋で、
ビールの大ビンをチーズ1個で飲んでいましたが、今では無理みたいです。

土木建築部 S (h27.06.05)

 

③6月1日に自転車の危険運転に対する改正道路交通法が施行されました。
昨日、雨という事で現場への道中、自転車に乗る人の恰好を注意してみていると
カッパ着用が増えている気がしました。
流石、日本人はまじめだなぁと感じました。

軌道工事部 K (h27.06.04)

 

②6月1日より、道路交通法の改正で自転車の取り締まりが厳しくなりました。
あちらこちらで自転車を重点に取り締まりが行われていました。
家の娘や息子も自転車通学なので「ちゃんと走らなアカンで」と言うと、
生意気にも「ちゃんととはどういうちゃんとですか?」と
反対に言いがかりをつけられました。
「迷惑にならんように、罰金はらわんでええようにや!」と言っときました。

土木建築部 小魚釣り師 (h27.06.02)

 

①日曜日、小学校で我が子の運動会。上の子は初めての組体操。
どこにいるのか見つけれずで、演技の半分も見れなかったのですが、
帰ってビデオ映像を見ると楽しそうにしていました。
下の子はそこそこ足が速いので
「個人走で1位になれんかったら帰ってこんでええ」と発破を掛けたところ、
立派に1位を取りました。
子供達にパワーをもらった良い週末でした。

総務部 プクプク (h27.06.02)