【平成27年12月分<社員の声>】

⑳このたび、今年度の「社員の声」投稿最多賞を頂くことができました。
私のような者がと思うと恐縮でありかつ夢のようです。
本当にありがとうございました。
振り返ってみれば、春先に若干名の方から「アンタのは面白い」と、
声を掛けて頂いたのが励みになりました。
発信する面白さを感じた1年でした。
来年も精進しますので、よろしくお願いします。

土木建築部 S (h27.12.25)

 

⑲私が投稿した「社員の声」を得意先の方も読んで下さっているようで、
先日『アンタの「社員の声」、なかなか面白いな』と言って頂きました。
そんなことがあると嬉しいもので、「また投稿するぞ」とファイトが湧いてきます。
子供の頃には作文なんて嫌いでしたが、
文章を書く楽しみを垣間見たような気がします。
ただ当社には『「社員の声」投稿規定』というのがあり、
それには「その内容が仕事を語り、人生を語り、かつ世の中に有益であり、
広く当社の宣伝にも寄与するもの」ということになっています。
それから見るとだいぶかけ離れているようで…申し訳なく思っています。

土木建築部 S (h27.12.24)

 

⑱日曜日、10時頃からテレビで全国高校駅伝を見ました。
女子は競技場までデッドヒートだったので最後まで見ましたが、
男子は途中から独走になったので見るのを止め、
ユーチューブで昔のテレビ番組の歌を聞き、映像を見ました。
「まぼろし探偵、月光仮面、怪傑ハリマオ、七色仮面、エイトマン」
懐かしくて…吉永小百合、子役の時から可愛いかったな~。
ハリマオの三橋美智也、エイトマンの克美しげる、両歌手の声も懐かしいです。
克美の場合、殺人事件を起こし失意のうちに亡くなっています。
昔は、自分の下の名前を聞かれた時「勝」に間違われないよう、
克美しげるの「克」ですと言ったものでした。
今の若い人は「克美しげる」と言っても知らないでしょうね。
昭和は遠くなりにけりです。

土木建築部 S (h27.12.22)

 

⑰2~3日前の新聞に20歳の女性が頭を鈍器のようなもので殴られ、
死亡の記事が出ていました。
その後の報道では異性の友達との金銭トラブルが原因か、と出ています。
金を貸して殺されるとは割の合わない話ですが、前例が多くあります。
やはり、金を貸すのは、戻らなくても我慢できる範囲に留めとくべきです。
私は貸す金を持っていませんし、借りるのも嫌いです。

土木建築部 S (h27.12.21)

 

⑯今朝、会社のトイレの前の窓枠に、
半分飲みかけのペットボトルが置きっぱなしになっていました。
窓も開いていたいたので、落ちて誰かに当たったら大変なことになります。
失礼ながらペットボトルの中身を捨てごみ箱に処分しました。
最近は駅でも、階段の腰壁の上に、
飲み残しの缶を置きっぱなしにしてあるのを時々見かけ、
落ちたら危ないなと思い、ごみ箱に捨てる時がしばしばあります。
仕事が私を変えたのか…。
土木の仕事をはじめてから、気になる場面が違ってきたように思います。

土木建築部 小魚釣り師 (h27.12.18)

 

⑮先日の昼間、仁川駅前を通ると広場で餅つきをしていました。
杵や石臼を使った餅つきを見るのは久しぶりです。
約半世紀以上も前になりますが、私が小学校低学年までは、
近くの叔父(母の弟)さん家の裏庭で一家総出で餅つきをしていました。
杵をもつのは親父の仕事で、ひっくり返すのは母の仕事でした。
つきあがった餅を小さくとるのは祖母と叔母さんでした。
もう皆、この世にいません。
あの搗きたてのアンコロ餅のうまかったこと。
♪赤とんぼ、♪ふるさと、♪背くらべ。今は懐かしい思い出になりました。

土木建築部 S (h27.12.18)

 

⑭昨日現場へ若手後輩を乗せて行きました。
交差点で交通取り締まりをしており、
横断歩道での歩行者通行妨害などを取り締まっていました。
と言うのも、予てからこの交差点、
左折するときに横断歩道を通らず、斜めから渡ってくる人や自転車が多く、危険な場所。
今日は同乗の彼自ら後方確認してくれました。
車に同乗する者がしなければならない姿勢が身に付いてきたのでしょうか。
成長を感じます。

土木建築部 小魚釣り師 (h27.12.17)

 

⑬今年もあと2週間ほどで終わりですが、
実際作業できる日数は10日もありません。
この毎年の繁忙期、実働できる日が1日でも多く欲しいです。
いつもは待ち遠しいはずの土・日・祝日・連休が勿体なく感じます。

軌道工事部 S (h27.12.17)

 

⑫60歳を過ぎるといろいろと心的ストレスがたまります。
今日も総務から定年後に必要な書類として、
高齢者給付なにがしと言う書類が廻ってきましたが、
「60で高齢者か!」と突っ込みたくなるし、
会社の会議では私の定年後、定年後と言う話題が多くなって
実際定年の年齢でもあり…
「最後まで頑張るぞ!」と自分に言い聞かせてはみるものの、何となく力の抜けるときが。
通例として退職時には有給をきっちり使い休まれる方が多いと聞きますが、
そんな事はしたくありません。
60歳定年と言うこの時期がなんか嫌で、明石家さんまも言っていましたが、
早く61歳になった方が気分的に楽なような気がします。

軌道工事部 S (h27.12.16)

 

⑪ここ1年位、休日の昼食に家族で丸亀製麺のうどんをよく食べに行ってます。
香川県人になったみたいです。
香川県といえば、平賀源内、菊池寛、大平元総理など立派な人を輩出しています。
私たち家族がよく行く店は京阪牧野の旧1号線沿いです。
1年も通うと、店員さんの働きぶりがよく目につきます。
出来る人は客を待たさずにスムーズに進みますが、そうでない人の時は行列ができます。
こういう単純な作業でも、少しでもよくしようとする人と、
ただ漫然と作業している人では差がでるものです。

土木建築部 S (h27.12.16)

 

⑩日曜日の朝、いつものように淀川の河川敷に散歩に出かけました。
芝生に、いつも群れている鳩に変わってユリカモメが飛来していました。
いよいよ冬の到来です。
最近は食物で季節感は味わえなくなっています。
大根、白菜、トマトなどは1年中あります。
その中で、ツバメやユリカモメなどの渡り鳥は、
確実に季節の移ろいを教えてくれます。

土木建築部 S (h27.12.15)

 

⑨いよいよ冬。寒くなってきました。
寒くなってくると私もついついポケットに両手を突っ込んでしまいます。
ポケットに手を入れるのは姿勢も悪くなり、見た目にもカッコよくないし、
なによりも安全上に問題があります。
そこで冬場は手袋が必需品!
私は100均で買ったものをあちこちに忍ばせています。
100均のものでも十分に暖かく不自由はありません。
100均一での手袋のまとめ買いをお薦めします。

軌道工事部 S (h27.12.10)

 

⑧ 昨日うちの娘が、嫁とバイト先の焼き肉店での話をしていました。
バイトしだしてから3年が経つようですが、他の大学生の男子なんか、
「接客も肉の盛り付けも洗いものもたいしてできないのに時給だけ高い!」
と愚痴を言っていました。
生意気にと思いましが、その話の続きが店長から
「君は今は夜10時までやけど高校卒業したら0時まで出来るね」と言われたそうです。
娘も「店長から頼りにされてるからバイトやめられへんし」
と偉そうなこと言っています。
娘の将来の目標は、幼稚園の先生を目指し短大へ入学予定です。
…が、気が付いたら焼肉屋の店員になっていたりして…。

 

・先日、NHKのラジオで大学入学奨学金制度の話をしていました。
奨学金を受けている人が、50%を越えているそうで、
長い人では、大学から大学院と6年間分を借りているそうです。
大学卒業しても正規社員になれない人は返済が出来ない人も多く、
若い学生さんが、お金を借り返済しなければならない重大さを
理解するのは難しいと解説者が言っていました。
多い人では、返済額が1千万円近くにもなり20年間で返すとしたら、
40才近くまで返済に追われるそうです。
それが原因で、結婚もしない若者も増え少子化の原因だとか。
じいちゃん、ばあちゃんが年金を孫の返済にしているとか…。
問題が色々出てきているとの事です。

土木建築部 小魚釣り師

 


・一昨日、夜中2時ごろに目が覚めて、2度寝しようにも寝られず、
しかたなしに枕元に置いてあった、高峰秀子著「私の渡世日記」の続きを読む。
太平洋戦争末期の昭和20年、航空隊に慰問に行き、恒例となっている、
最後の「同期の桜」を歌っている時、
「この人達は死んで行く」と思ったら涙があふれてきて歌えなくなって、
それを見ていた航空兵たちも嗚咽が止まらなくなったとありました。
これを読んで、胸がジーンとしました。

 

・年末の28日、東京に行き30日に娘と孫を2人連れて帰ってくる予定ですが、
昨晩娘から電話があり「品川から京都までの切符予約した」と言ってました。
詳しく聞くと、指定席を3人分予約しに行き、
人員構成(大人2人、2才1人、0才1人)を言うと、
「それでしたらグリーン車2人の方がお得です」と係りの人が説明してくれたそうです。
JRも親切になりました。
そして私も、思いもかけずグリーン車に乗れることになり、嬉しいです。

土木建築部 S  (h27.12.07)

 

⑥阪神タイガースファン感謝デー2015

11月21日(土)阪神甲子園球場にて 開場 10:00~   開演 正午~
私の娘は大の阪神ファンです。
今年、会社からチケットを頂いて、娘に手渡してやることが出来ました。
一瞬でしたが…私の「お父さん株」が上昇したかと(笑)
とても喜んでくれました。
会社の入場チケットには特典がついていたようで、
選手と直接「ハイタッチ」が出来たらしく、これにも大満足だったようです。
娘が記念に撮影してきた写真の一部です、ご紹介させて頂きます。

 DSC09341  DSC09378

土木建築部 小魚釣り師 (h27.12.04)

 

⑤夜間作業の帰りの高速道路を運転中、舗装が悪く水たまりが結構できており、
一瞬ですが「ハイドロプレーニング現象」がおきました。

<自動車などが水の溜まった路面などを走行中に、
タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになり、
ハンドルやブレーキが利かなくなる現象、 水膜現象ともいう>

幸い、直線ですぐにおさまったので助かりましたが、
カーブ中でおこると何にも操作できないので事故につながります。
スタッドレスタイヤや、空気圧の少ないタイヤで起こりやすいそうです。
一番の原因となるのはスピードの出し過ぎなので、
高速道路では特に注意して下さい。

土木建築部 YK (h27.12.04)

 

④阪急西宮車庫に新入社員の研修所として「正大塾」という建物があります。
その名の由来についてお聞きしてみました。
「正大」とは藤田東湖という人の「正気の歌」の冒頭にある
『天地正大の気、粋然として神州に鍾る』より引用されたとのことです。
1845年水戸藩重臣であった東湖が幽閉となった際に読んだ詩で、
この詩が幕末の志士の立志に影響したと言われているそうです。
のちに阪急社長になられた一本松氏が、
当時の大卒の若手社員にも志を立てる「立志」が必要と考え、
1年間の共同生活を行いながら教育をする塾の名前を命名する際に、
「正大塾」とされたとのこと。
古い歴史のある名前に驚きました。

軌道工事部 H (h27.12.03)

 


・先日会社から阪急梅田駅へ向かう北野架道橋下交差点で、
中学生くらいの真面目そうな子が、
「この辺に公衆電話ないですか?」と尋ねて来ました。
駅に有るのは知っていましたが、あたりを見渡しても無かったので、
「分からんわ」と言って離れました。
あとから考えて「携帯電話を貸してあげれば良かった…」後悔しました。

軌道工事部 S

・昨今、携帯電話、音楽プレーヤー等の持ち込みを禁止している学校が多く、
しかも公衆電話が激減、通学時等の連絡手段がなく困る事もあるようです。
そんな中高生が居たら助けてあげて下さい。
以前、私の長女も通学途中、通りがかりの人に携帯電話を借り、
助かった事があります。

営業部  獅子座の虎 (h27.12.03)

 

②私は本来の仕事以外の頼まれ仕事を申しつかることが多くあります。
「言うたらしてくれるお人よし」と思われているのでしょうか?
昔母親から「人が良すぎるのも~〇〇」と言われた事がありますが、
他にこれといった特技も能力もない私には、それが私の財産。
それらを言われなくなったらお終いかなと思っています。

土木建築部 小魚釣り師 (h27.12.01)

 

①「ドジな息子」の話
11月末の3連休。
部活で他校へ試合に行っていた息子が、帰宅後何やら騒ぎ出した。
話を聞くと、試合帰りに顧問の先生から預かった「巾着袋が無い!」とのこと。
背中に背負って帰ってきた筈だと言うのだが、家中のどこを探してもそんなものは見つからず…。
中身は何かと尋ねると「フラッグが飛び出していたので審判用の服か何か」だと。
試合会場(逆瀬川)から家までの間に何があったのかは知らないが、
「無くしたのであれば先生に謝って、自分の小遣いで責任を取りなさい!」と
母ちゃんに叱られてました。
「どんくさい奴っちゃなぁ~」と私は横で聞いていたのですが、
先ずは一刻も早く先生に連絡しなさいと指示。
で、先生へ連絡すると…。
袋の中身に個人情報の載っている選手名簿が入っていた事が発覚!
3連休の真ん中の日に起きたものだから、最終日の23日、部活が中止の事態に。
それでもって、2名の先生が全部員の自宅に連絡してお詫びされ、
我が家には直接来られ、息子にも要らぬ心配を掛けさせた事をお詫びされました。
中身が何であれ、預かったものを無くしてしまう事は良くない事で、
更に、それだけ大事なものを生徒に渡してしまっていた先生方にも問題は有るでしょう。
このような事は日常的に行われていたようで、
事が起こってしまって初めて先生も慌てられた様子でした。
幸いにも、翌々日の火曜日に連絡が取れた、
阪急バスの落し物センターに預けられている事が分かり、無事学校に戻ったのですが、
後に校長先生の名前で、事の顛末と今後の対策等を書かれた詫び状が全生徒に手渡されました。
一連の経過を見ていましたが、
息子がこの高校を選んで良かったと思える素晴らしい対応だったと思います。

軌道工事部 N (h27.12.01)

山田建設株式会社

〒531-0071
大阪市北区中津2丁目5-20
TEL :(06)6371-7622(代)
FAX:(06)6372-1069

SINCE 1952


[counter 2011.01~]
本日アクセス数:74
累計アクセス数:254233
本日訪問者:27
累計訪問者:42374