【平成28年8月分 社員の声】

⑬リオオリンピックは無事に閉会式を終えました。
水泳部に所属している我が家の愚息は、金メダリスト萩野公介さんに感化され、
地域大会の個人メドレー400mに出場したようです。
結果を問うたところ「失格」らしく、
バタフライ~背泳ぎ~平泳ぎ~自由型のところを、
バタフライ~平泳ぎをしてしまい、慌てて背泳ぎに切り替えたが、
時すでに遅しで失格となったようです。
前日に「バタフライのフォームが失格になるかも知れない」と気にしていたのですが、
そこばかり気にしていたので、安心していまい気が抜けたのか、順番が違ったようです。
「ちゃんと確認せんかい!」と言ってみたものの、
一瞬の判断が必要なスポーツでは、指差呼称をする訳にも行かず、
仕事よりも正確さが求められるのかも知れません。

工事部 YH (h28.08.23)

 

⑫先日の作業は高架上の道床更換でした。
この高架は震災の時に全て新しい道床に入替したはずなのですが、
あれから20年、いざ掘削すると道床底面はかなり悪く、砕石も粉々状態でした。
今でも震災後の新高架作成と新軌道敷設状況が思い出されます。
当時は当然電車も走っていないので、
車庫から昼間にモーターカーで新バラスを満載、ピストン運搬していました。
砕石入れもアッと言う間に終わった記憶が有ります。
がしかし…当時は新砕石をあらゆる電鉄で取り合い状態だったのでは?
今思うと、この現場も綺麗な砕石では無かったのかも知れません。

工事部 重機担当 ターちゃん (h28.08.22)

 


・街中でマンションの建設工事が多く見られます。
各工事現場には「安全スローガン」が掲示されています。
目に付いたのが新御堂筋、江坂駅付近のマンション建設現場に
「安全の見える化を実施しています」と掲示され、
「見る事・気づきから行動へ」とサブタイトルが表示されていました。
人が多く通る場所だけに、インパクトがあるように感じます。
土木、建築工事では特に、近隣・周辺環境に気遣いが必要。
色々な工事現場に掲げられている「安全スローガン」を見るのも面白いです。

・得意先の方が連休中に3回、船太刀魚釣りにいかれたそうです。
結構な釣果だったそうで、家に食べる分だけおいて、
あとはご近所におすそ分けされたそうです。
ご近所の方は、鯛にタコに太刀魚と頂けるのは有り難いだろうと思います。
新鮮な魚は嬉しいものです。
ご近所ではありがたい旦那さんだと喜ばれていると思います。

工事部 土木担当 小魚釣り師 (h28.08.19)

 

⑩夏季休暇中の出来事。
以前、「高速道路で4トラックがが迫って来たら、
出来る限り避ける運転をした方がリスクな少ないです!」とお願いしました。
今回は「シルバーマーク(高齢者マーク75歳以上取付義務)」にヒヤリとした情報です。
私は日頃から周りを見て運転するタイプです。
先日前方に、シルバーマークを着けた車がトロトロ走行の状態で走ってました。
その車は右の指示器を上げ徐行?そして突然左折?!
「おいおい…やっぱりかぁ~」
何か様子がおかしいと思いながら徐行していたのが幸いしました。
接触事故寸前、もし相手が悪かったにしても、過失割合は色々と発生します。
この様に「どんな運転手が運転しているのか?」
これらを感じ・様子を見ながら運転する事が大切だと実感した次第です。
貰い事故ほどやっかいな事は有りません。
常に周りを気にしながら真剣に運転しましょう。

  20160817165238[1]

    工事部 重機担当 ターちゃん (h28.08.18)

 

 

 

 

⑨【ヒヤッと、どころじゃなかったです!】
夏季休暇中、主人の運転で私は助手席、車で大阪市内を走っていました。
ちょうど当社の近隣のように、少し入り組んだ路地での出来事。
青信号でしたが見通しが悪く、何となく嫌な予感がしたので、横から声掛けしました。
「見難いからゆっくり行ってよ~」「分かってるって!」と言い合った瞬間、
目の前を自転車が「スマホ・ガン見~」距離は1mも無かったと思います。
相手は交差点や信号にすら気付いておらずで、こちらは急ブレーキ…。
こちらをチラッと見ただけで、走り去っていきました。
シートベルトもしていましたし、後車も無かったので事故にはならず。
心臓がドキドキして、震えがきました。「もうちょっとで轢くとこやった…」
信号待ちをしていたおじさんが「よう、止まったなぁ!危なかったで!」と。
おじさんも唖然として声が出なかったと言ってました。ホント恐かったです。

総務部 サクサク (h28.08.18)

 

⑧盆休み中は何をすることもなく過ごしました。
ただ、運転免許を取った娘の運転に同乗させられ、冷たく寒い時間は過ごせました。
子供が免許を取ったのに合わせて、自動車任意保険の契約を掛け替えたら、
保険料が今までの約2倍以上と高いのにビックリ!!
万が一の事を考えると高いとは言ってられませんが…。
次に息子が待っているので、あと5年近くは高い保険料を払うんか…と思うと
この盆休み、疲れが出ました。

工事部 土木担当 小魚釣り師 (h28.08.18)

 

⑦昨年亡くなった義母の初盆に列席する為、熊本へ帰る予定でしたが、
家内の体調、娘の仕事等の関係で今回は見合わせました。
心が痛いです。
貰うもんはしっかりもうて、する事をしないのでは罰が当たります。
そんなわけで、休み中はオリンピックばかり見てました。
体操の内村航平選手の演技には感心しましたし、
卓球の女子シングルスの3位決定戦では福原選手を応援せなあかんのに、
相手の北朝鮮選手の身の上を案じ(負けたら大変?)
「どっちが勝ってもえぇわ~」な気分で見てました。

工事部 土木担当 S  (h28.08.18)

 

⑥禅寺の入口に「脚下照顧(キャッカショウコ)」と書かれていました。
難しい言葉なのでお坊さんに聞くと、
自分の足元を見つめ、他の者に理屈を言う前に、
自分自身を見直し、考え、反省する事だそうです。
脚下は足元、照顧は反省の意味。
禅では「足元は大事、足元をみられる/足元をすくわれる」と聞きますが、
しっかり地に足をつけて、よく考えなさいとの教えだそうです。
靴も大切にして綺麗に履きなさいとの意味もあるらしく、
思い出せば歴代の先輩たちは、安全靴を綺麗に磨き大切に履いてました。
この言葉を知っていたのでしょうか?
私も足元をよく見て、靴を大事にし綺麗に履いていれば、
外反母趾で痛い目に合わず済んでいたかもしれません。

工事部 土木担当 小魚釣り師 (h28.08.12)

 


・金曜日の夕方仕事で京都に行くと、道路の温度計が39℃を表示、
車から降りると経験したことがないような暑さでした。
通行人の顔を眺めると、みなさん揃って怒ったような形相に見えました。
今日は連絡橋/樹脂舗装の確認、次々と不良箇所が増えていました。
この暑さでは「仕方ないか…」と思います。
当社で施工した箇所は材料が良かったのか、頑張ってくれてます。
夏季休暇までにもう一度応急処置を行い、休み明けに夜間で補修作業行います。

・今日は朝起きたときから体調が悪く、
何かふらふらして足が地に付いていない感じ。
寝ているときにも熱中症になる場合があるそうで、
寝る前には水分を補給したほうが良いらしい、今晩は水を飲んでから寝ます。
家には94才の母親がいます。
寝る前にエアコンをかけ、水を飲むように言うのですが、
なかなか言うことを聞いてくれません…。

工事部 土木担当 小魚釣り師 (h28.08.09)

 

④昨晩の能勢の現場にて…。
最終電車を待っているときに大きな「イノシシ」が!
現場へ向かって歩いているときに大きな「クワガタ」!
現場から帰ろうとしたときには大きな「鹿」!
どれも線路内の出来事です。
一晩でこれほど動物と触れ合える事はなかなかないと思います。

工事部 K (h28.08.03)

 

③このところ、駅構内での電車と乗客の接触事故が相次いでいるようです。
原因がスマホかどうかは分かりませんが、乗客の不注意だと思います。
JR西日本では、早々からベンチの向きを変える等の対策が講じられています。
私達も駅を利用するので、ホームに立つ時は注意したいです。

営業部 獅子座の虎 (h28.08.03)

 

②駅で改札機に定期を入れて通ろうとすると警告音が。
「なんで?」と思い、出てきた定期をみると見覚えのない定期。
どうやら前に通った方が忘れた様子で、渡そうとその男性を見ると
スマホを見ながらのっそりのっそり歩いていました。
入れた定期を取り忘れるほどスマホを見てるとは…。
「いつか事故やトラブルに巻き込まれるな」呆れました。

総務部 プクプク (h28.08.03)

 

①連日の猛暑です。
なるべく夜間作業に差し障りが出ないよう、昼作業を仕上げるべく頑張っています。
この間も夜の暑さで作業員の一人がバテ気味になってました。
気になったので翌朝、別の作業員に
「先日の仕事はうまいこといったん?」と尋ねると
「俺ら軌道が本職やで、上手いこといかんでどないすんねん!」と。
聞かずもがなのことを聞いてしまいました。
頼もしい限りです。

工事部 土木担当 S