【平成29年11月分 社員の声】

⑥最近問題の「煽り運転」
米国ではクラクションすら鳴らさないそうです。
理由は「どんな奴が乗ってるかわからないから」
日本との治安の違いを感じます。
今の日本も「どんな相手かわからない」です。
ハンドルを握る時は常に冷静に!を心掛けましょう。
営業部 獅子座の虎 (h29.11.20)

 

⑤昨夜、中学1年の子供が「数学のプリント、同じの2枚あるから1枚あげる」
と渡されました。このグラフの式はy=axです・・・??
久しぶりに見た式。学生時代と違って今の私には
「厚生年金(y)を納めれば割合に応じて(a)全額または幾分の年金(x)が受け取れる」
と読めてきます。早い話がこういうことなのでしょう。
総務部 プクプク (h29.11.17)

 

④今月の当社安全会の交通KYTは「煽り運転を考える」でした。
最近注意深く見ているとやはり大阪では多く発生している感じがします。
関西ではせっかちな運転者が多いのも理解出来ますネ。
その「いらちな性格」からも煽りが生まれる!お互い注意しましょう。
「運転中カッ!」となった時は大きく深呼吸をする!
是非実行して見て下さい。
工事部 重機担当 ターちゃん(h29.11.16)

 

本籍地は自由に変更できます。
それなら、本籍地とはどういった意味があるのか?と調べてみました。
簡単に言えば「本籍地のある市町村が戸籍を管理している」
ということだそうです。
戸籍とは、その人の身分を証明するものです。
謄本等が必要な時は、本籍地の市町村に申請するので
本籍地は現住所と近い方が便利ということです。
ちなみに私は現住所の市町村が管理すれば良いのでは?と思うのですが。
何か支障があるのでしょうか・・・。
総務部 プクプク (h29.11.16)

 

②本日研修会に参加させて頂きました。
今回は重機のお話でした。
私にとって一番新鮮だったのが「パワーショベルとユンボの見分け方」
クレーンの先に付いているバケツの向き次第で
呼び方が変わるのだとは全く知りませんでした。
建設業は細かい資格がたくさんあって、
専門家である先生方も顧問先からの質問があるたびに、
本や監督省庁に確認すると聞いています。
法令や規程が半年周期で変わったりするらしく、とても複雑なのだそうです。
何にせよ奥深いものだなぁと、勉強になりました。
総務部 サクサク (h29.11.14)

 

①当社の安全会では交通KYTというコーナーがあり、
毎月動画が紹介されます。
今月は今話題のあおり運転でした。
私はそれを結構楽しみにしています。
「楽しみ」と言えば不謹慎かもしれませんが、
自ら経験することは確かに貴重ですが、
そんな事故や危ない場面には実際遭遇したくありません。
そこでその代わりに動画を見て、どうなるかを頭に置いておくことで
事故防止に繋げるようしています。
総務部 プクプク (h29.11.08)