【平成29年12月分 社員の声】

⑨世の中にはいくらボロンチョに叱られても
15分たったら忘れるツワモノがいらっしゃいます。
これは自分を守る術、
あるいは知恵ではないか?
例えば昆虫が周囲と変わらない色になるとか
同じではないか…
と私は考えるのであります。

工事部 土木担当 S (h29.12.21)

 

⑧たくさんの発生ガラの積み込みと、同じく500袋ものセメント・砂の取り卸し作業。
これら全て人力で、しかも時間の限られた中での連続作業。
現場内は斫りガラから発生する粉塵が充満し、白くかすんで見えるほど。
去年もそうでしたが、運搬作業では今の時期は学生アルバイト中心。
全身泥だらけになってみんな頑張ってくれています。
こちらとしても作業前ミーティングの段階から
「こないしたら指詰めて潰れるねんで!!!
あないしたら足元にコンクリートガラが落ちてきて足の骨折るねんで!!」等々
とにかく怪我になりそうな点については思いつくすべてを説明。
作業中も彼らの動き一つ一つに目を光らせていたのですが、
どんなベテランも最初はど素人から始まるのが当たり前。
何も出来ない作業員が悪いのではなく、教育ひとつ。
それをいい加減にして無理やり作業させる→結果怪我をする。
なんて事になれば、 その責任は当然我々にあります。
同時に現場のトップに立つ以上、人様の命(身体)を預かっているという、
一番大事な部分を常に意識し続ける大切さもあらためて自覚します。
学生アルバイトを使って、普段のベテラン作業員とはまた違ういい勉強になりました。
工事部 N (h29.12.20)

 

⑦最近2回ほど電車で席を譲られそうになりました。
ついこの前の阪急電車では、
スカーフを頭に巻いたイスラム系の女性からでしたが
「OH! NO~NO~」と言って断りました。
通勤には帽子を被っており、自分では若いつもりでしたのでショックでした。
しかし冷静に考えると、猫背で背中が曲がっているので、
どう見ても爺さんです。
若く見られたいなら、もっと姿勢を良くしなければいけません。

工事部 土木担当 S (h29.12.19)

 

⑥今の時期、極寒の夜間作業環境から解放されて車に乗り、
徐々に車内が温まりだすと急に睡魔が襲うことが多々あると思います。
あともう少しだから…とか、時間がないから…だとか言わず
10分だけでも車を止めて、一瞬の仮眠は必要です。
聞くところでは、インフルエンザの予防接種を受けた日は
異常に眠たくなるそうです。

特に気を付けなければと思います。
工事部 N (h29.12.18)

 

⑤横浜川崎市で電動自転車を発進させた女子大学生と、
歩道を歩いていた近くに住む無職女性(77)が出合い頭に衝突。
女性は転倒して頭を強く打ち病院に搬送されたが死亡。
女子大学生は、左耳イヤホン、左手スマホ、右手に飲み物を持っていた。
腕が3本あるのでしょうか?
何にしろ「ながらスマホ」
外を歩けば必ずと言っていい程見かけます。
とにかく危ない、
この事故の加害者は悪質運転です。
どんな保険も適応されないだろうと。
一生棒に振ったのと同じです。
総務部 サクサク (h29.12.15)

 

④今日、自動車の運転中のことです。
最近は交通マナーが悪いひとが多く、
横断歩道を通らずに斜めから人や自転車が来ることがあるため、
気がつくと、目の前に人が!
慌ててブレーキを踏みなんとか衝突は回避出来ました。
師も走るといわれる師走。
特に気をつけたいものです。
工事部 土木担当 小魚釣り師 (h29.12.15)

 

 ③駅の清掃作業をすると
夏場はペットボトルのゴミが多くありました。
冬場になってきてからはマスクやコーヒーの缶
といったものが多く落ちており、
回収するゴミからも季節の変化が感じられます。
工事部 A (h29.12.15)

 

②MBSラジオの火曜日夕方6時からの放送で、
「金村義明のええがげんにせぇ」という番組があります。
野球解説の金村が、好き放題にしゃべりまくるトーク番組です。
聞いたら面白くて少しはストレス取れるかもです。
一度ラジオ聞いてみたらどうですか?
反対にストレス溜まったらすみません…。

工事部 土木担当 小魚釣り師 (h29.12.11)

 

①今週の天気予報を見ていると寒波が間違いなく来ている様です。
山影のカーブでは路面が滑るかも知れません!
タイヤチェーンも搭載しておいた方がいいと思います。
危険を予知すると共にスピードも落とす運転を心掛けて下さい。
工事部 重機車両担当 ターちゃん (h29.12.06)