リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー

記事一覧

道具手入れも釣りのうち

昨日はここ大阪を震源とする大きな地震があり、我々軌道屋も緊急出動の対応に追われる一日でした。釣行している時にあのような地震に遭遇したらと思うと恐怖です。さて、一昨日の日曜日、休竿して道具の手入れ。最高のパフォーマンスを得るに入念な道具の手入れが必要です。次の釣りは終わった時から始まっています。せっかく大物が掛かったのにバラす。悪魔は細部に宿る。手入れを怠っていた為、これまで固定部だと思っていた箇所が実は可動部だったという話もあります。特に海で使う竿やリールは潮噛みするので使用後は即真水で洗ったあと空拭きが基本でしょう。ほったらかしておいて使う前に洗うのはNG。何事も基本が大事。メンテが大事。愛情を注いだ分人も道具もそれに応えてくれます。もっといい加減な性格だった私も釣りのおかげで性格が変わりました。

音楽が心に与える影響

以前、あるベトナム料理店に行くと、非常に落ち着いて食事を味わうことが出来ました。少量でも、ゆったりとよく噛んで食べるので満腹感と心の満足感を味わえました。当初は自分でもその理由が良くわかりませんでしたが、店にずっと流れているBGMにあるのに気が付きました。その店ではずっと「河 RIVER / JIA PENG FANG」という曲を繰り返し流していました。先日読んだ論文に、高音量の音楽を流しているレストランではサラダよりもハンバーガーがよく売れ、音が大きければ大きいほど、そして興奮及びストレスのレベルが高いほど、客はより高脂肪の不健康な食品を選ぶと。人は情緒的に満たされないか動揺している場合、自己制御が崩壊し不健康な食べ物を求める傾向があるとか。柔らかな音楽は精神を落ち着かせ、騒がしいエイトビートの曲はイライラさせるということです。

初心基本原点

人はもっともっとと追求するに伴っていつしか次第に忘れていくものがあるようです。それが初心であり基本と呼ばれるものではないでしょうか。難しい英単語を知っているわりにはエッと思うような簡単な単語を知らないとか、長年やってベテランと呼ばれるほどの人が案外そんな簡単なことが出来なくて「ワシ、それ苦手やねん」と言っているとか。もう基本は出来た。完全にマスターした。だから今もうそれなりにやってる。しかしもっと出来るようになりたい。もっと出来るようになるのはどうすればいいのだろうか。追求すればするほど、研究すればするほど、次第に原則とはなにか原点は何だったか、訳わからなくなるのだと思います。積み重ねているつもりでも案外下の方では溶けて疎になっている。何事によらず、始めたばかりのシンプルな時に時々戻ることも大切なんじゃないかと思います。

住めば都 使えば重宝

釣りの話です。私は今、リールに巻く道糸はほぼPEを多く使用しています。一般的に使われるナイロンは最近遠のいています。おかしなものです。始めてPEを使った時は、フワフワ軽過ぎて操作性に劣るだの、ひとたびもつれたらほどけないだの、こすれに弱いなどPEが持っている欠点ばかりあげつらって即使わなくなっていたくせに。それが何の拍子か久々に使ってみると、確かにそうした欠点はあるものの、やはり不要なものが世の中にあるはずもなく、当然長所(糸に伸びがなくダイレクトにアタリをとることが出来る、紫外線による劣化があまりないなど)も備えており有用であると同時に、時には欠点すらも味わいに感じているのです。あれは嫌いこれは性に合わないなどと言わず、まず癖を読み、その癖を知った上で長所を生かす。これぞ妙技・奥義というべきなのかもしれません。

練習の賜物

俄然、大学のアメリカンフットボール部が注目を浴びています。報道によればボールを持たない油断している選手に体重100kgの選手が後ろからタックルした時の衝撃は10t以上にもおよぶとのこと。被害選手は生命の危機すらあったのに、全治3週間の怪我で済んだとのこと。実は息子が今年の3月末まで大学のアメフト部に所属していました。今は現役は退きましたが、主将をさせて頂いたお礼奉公もあり、現在もコーチとしてかかわっています。ところが引退してわずか2か月にもかかわらず、現役選手のまともな衝撃を受けると首や腰に痛みが走ると。早くも筋肉衰えていっているのでしょう。現役時代にはまったくなかったことで、それはまさに日々の過酷な練習の成果だったということです。被害選手は奇跡的に怪我で済んだのではなく、日ごろの練習の賜物だったということです。

ページ移動