記事一覧

劣等感という厄介

自分が思っているほど実は他の人と何ら差はないのに、勝手に「自分は人より劣っている、自分はダメだ、カッコ悪い、冷笑を受けている」と思い込んでいるのが劣等感。劣等感はこのコーナーの主たるテーマのひとつです。なぜって、私自身が秘かに常にこの見えない怪物を気にしていますから。何とか押し戻そうとしますが今のところいつも押され負けています。人は誰しも何らかの形で劣等感(後ろめたさも含めて)を持って生きているでのではないのでしょうか。それも私が勝手にそう思っているだけで、実のところはわかりません。だってそれはあくまで幻想なのですから。劣等感はその人が勝手に作り上げた幻想なのに誠に厄介な怪物です。私のような凡夫にはそれと戦いそれをバネに飛躍するのは無理です。せめてそれとうまく付き合っていくスベを身に付けるのがせいぜいです。

リンク集:スーパーコピー時計ロレックススーパーコピーウブロスーパーコピー