1. HOME
  2. 新着情報
  3. 「正義はひとつじゃない」

新着情報

NEWS

社長の視点

「正義はひとつじゃない」

現在私は社長業を離れ(と言っても一応まだ社長なのですが)、
ISO管理責任者として専任し専念しています。
すると最近、面白い現象に気が付きました。口には出していませんが、
会社の不備がやたら目に付くのです。「あそこはできてない」
「これはおかしいんじゃないか」「それは絶対不適合でしょ」等々。
「おいおい、ついこの前までアンタが社長で、それを許容してきたのはアンタご自身でしょ」。
社員からの陰のそしりの声が聞こえて来るようです。
世間一般でも、ついこの前まで現場だった人が安全担当や本社勤務になるなり、
急にちょっとした短絡行動も許さなくなったり、現場に無理難題を言ってくるというような
話が五万とあるようです。「アイツ向こう側に廻ったら裏切りよって!」。
税務署しかり警察監察室しかり、内部監査員や外部審査員をするひとは
とかく嫌われるのが世の常。ただ、今回私が感じたのは、それは裏切ったというよりは、
同じ職場同じフィールドに居ながら、人は立場立場、役職役職で見える景色が
違って見えると言う感じでしょうか。検事が弁護士になったら言うことが違うというのも
多分それに近いと思います。「正義はひとつじゃない」という感じです。