1. HOME
  2. 新着情報
  3. 「氣」の乱れ

新着情報

NEWS

社長の視点

「氣」の乱れ

おかげさまで、長男次男が立派に育ってくれて、
もういつでも会社を任せられるのではないかと思っています。
いや彼らのほうがうまく運営するのではないかとすら思います。
「じゃあさっさと社長を退けばいいのに」と思われるかもしれません。
私は特段の宗教を信じてるわけではないのですが、
「氣」という考え方だけは信じています。
「鬼門の方向は避けよ。もしそちらに引っ越す場合は
一旦別の方向に逃げてからしばらくしてそこに移れ」など、
今ではだれもそんなことを言わなくなりましたが、
古来より氣を乱すことは禁忌とされてきました。
人が動くと空気という気に乱れが生じるように、
それまでの生活に変化を与えると氣に乱れが生じるような気がします。
思えば、これまでの私の人生でもそして歴史を見ても、
急激な変化や変革のあとにはいろいろなことが起きているような気がします。
私はそれを氣が乱れたせいと解釈しています。
先日も地球環境のあまりの変化に生物たちの適応が追いつかない状態だとか。
氣が乱れるというのは何かそういった現象ではないでしょうか。
氣を乱さないように、そしてそれは宗教的に言うならば神のご機嫌を損ねないように、
用心深く変化させる。私はいつの頃からかそんな生き方を選択してきました。