1. HOME
  2. 新着情報
  3. 小人

新着情報

NEWS

社長の視点

小人

「小人閑居して不善を為す」。“小人”の意味は広辞苑に譲るとして、
私も恥ずかしながら、小人の末席を汚す一人と十分に自覚していますので、
エラそうなことは申せませんが、観察していると
小人は、広辞苑には載っていない、いくつかの共通した特徴で
定義付けられるような気がします。たとえばまず、順調な時には上機嫌で
やたら態度が大きくなる。挙句の果てに「好事魔多し」の罠にはまる(あらまあ!)。
そのくせちょっと逆境に立たされるとすぐしょげて「ああもうダメ!死ぬ~~~」。
主体的に生きていない証拠に、とにかくよく心を動かされ喜怒哀楽が激しいようです。
自棄(ヤケ)、捨て鉢、八つ当たり。まったく迷惑な話です。
また、手柄は自分の実力と勘違いし、失敗や困難に出会うとすぐに他人のせいにします。
他に「有言不実行」や「のど元過ぎれば熱さを忘れる」なども
小人の特徴に挙げられると思います。
こうして小人はいつも困難や失敗、逆境から何も学ぶことができずに終わります。
「他人の振り見て我が振り直せ」。私もこれを機にこうした小人の特徴を再認識して、
そうであってはならないと自戒することにします。