1. HOME
  2. 新着情報
  3. 自己啓発本

新着情報

NEWS

社長の視点

自己啓発本

終活という意味も半分あって、書庫の整理をしました。
私がいなくなったのち、いずれ子供たちにも読んでほしい本を残して、
ほとんどの本は段ボールの中に仕舞われることになりました。
小説はもとより中国古典の数々、健康オタクらしく健康本や
勉強法を説いた“~術”本など、種々雑多な本がそろいもそろったりという感じです。
箱詰めしていくうちに気がついたのが、とりわけ自己啓発本のなんと多いことか。
あらためて読み直してみると、結構役立つことが書かれており、そこには
ご丁寧に赤いアンダーラインまで引いてあります。
もしこれらをすべて自分に取り込み、実践していれば、
私は今頃さぞかし、ひとかどの人物になっていたことでしょう。
考えれば、自己啓発本というのは、著者が苦労に苦労を重ねた末に
発見した人生の知恵や生き方のノウハウが詰め込まれているものです。
小説の類のように一度に2冊も3冊も買って読み飛ばすというのではなく、
それこそその著者に私淑し、2年も3年もかけて何度も読み返して習得すべき
奥義書とも呼ぶべきものです。ああ、どれほどのお金と時間を無駄にしたことか。