1. HOME
  2. 事業案内
  3. 軌道

事業案内

WORKS

    軌道

    軌道部門では、各鉄道事業者からいただく様々な工事に元請会社として携わっています。
    その弊社が行う軌道工事の一部をご紹介致します。

    新線工事

    線路延伸などにあたり新しい線路を敷く工事。施工基面に道床、まくらぎ、レールといった軌道構造を組み進めます。

    切替工事

    電車が走る場所を今の場所から他の場所へ移動させる工事。現在の走行している線路のレールを一旦切り離し、新しく走行させる線路のレールまで移動させ、またそこで再び繋ぎ直します 。

    レール交換

    電車の毎日の走行により傷んだレールを新しいものに取り換える工事。電車の通らない終電から始発までの短い時間に行われます。
    ※交換を更換と表記する場合があります

    まくらぎ交換

    何トンもの電車の走行を支えているまくらぎ。脆くなったまくらぎの交換や木のまくらぎからコンクリートのまくらぎへの交換などが行われます。
    ※交換を更換と表記する場合があります

    道床交換

    まくらぎを支えているのが砕石やコンクリートなどの道床 といわれる 部分。何トンもの電車の走行を支えている為、摩耗による細粒化や経年劣化によるコンクリートのひび割れなどが生じます。それらを交換し安全性を維持します。
    ※交換を更換と表記する場合があります

    軌道整備

    何トンもの電車が日々走行することにより狂いが生じてきます。その狂いは乗り心地を悪化させ、最悪の場合脱線などの危険を発生させます。その為メンテナンスにより正常な状態の維持に努めます。

    軌道検測

    線路を管理するためにレールとレールの間の距離やカーブでの傾き、レールの高さなどを特殊な道具を用いて検測します。何トンにもなる電車ですが線路の管理はミリメートルを使い、ミリ単位で施工します。